着物を楽に着るための方法

国産レンタル着物 和香菜‐wakana‐

075-551-0064

〒605-0825 京都市東山区下河原通八坂鳥居前下る下河原町476-2 営業時間/9:00~19:00 定休日/無休

※レンタル着物受付時間は16:00まで ※着物返却受付時間は18:30まで

lv

着物を楽に着るための方法

お役立ちコラム 

2017/06/28 着物を楽に着るための方法

着物を普段着慣れていない方は、身につけた時に息苦しさや動きにくさを感じるはずです。そのような不快感を少なくするための方法をご紹介します。

・着物がきつい

着付けの後に苦しくならないためにも、帯を締める時には大きく息を吸い込んで、一度止めた状態で締めてもらうようにしてください。またきついと感じた時には着付け師の方にしっかりと伝えることが大切です。

・動きにくい

着物を着用した状態でも動きやすくするためには、着付けが終わった後に足を肩幅よりも10センチ程度開いて、軽く膝をまげてください。これを「股割り」といいます。そうすることで足に巻きついている裾にゆとりを持たせることができ、裾捌きがよくなります。

・着崩れる

着物を着崩れさせないためには、着物での所作を心がけることで防ぐことができます。また万が一の着崩れてしまった時のためにも、直し方を知っておくと安心です。

着物はちょっとした工夫で楽になるので、着物を着用する機会がありましたらぜひお試しください。京都で着物着付けを依頼するなら【レンタル着物 和香菜】にお任せください。

TOP